something happened


by exsaito5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ひょんなことからダンスの発表に出ることになってしまって、先月から週一、土曜日深夜に、だいたい12時から4時半くらいまで、練習してる。終電でさいたま出て、大井町から日の出の太陽とともに帰る。

あるハウスダンスの先生が東京中心に5カ所くらいレッスン持ってるんだけど、我ぞと言う有志が集まって20人くらいのチームを作って、振りをつけて発表する。

各クラスから自信のある人が来てるので、レベルが高い。この深夜練では、オーディションと言って、振りを付けて、それを順番に数人で踊らせ、ピックアップしていく。振り付けに関してオレはなんと3回落とされた。ま、全部。

あとは全員で必ず踊るルーティーンのところが残ってるだけ。オレはそこになってしまった。そんな感じ。

オレは受かると思ってやるんだけど、やっぱ落ちるんだな。どこかへたくそなんだよな。そういうのが微妙に出てしまってもろにばれる。細かいつめができてないからへたくそで終わってしまう。その辺がまだ素人なんだよな。


でも、オレは曲がりなりにも6年ダンスやってきて、ハウスも3年やってきて、そこそこ踊れると思ってたんだけど、実は踊れないヤツだったってことがよくわかった。踊れない方に入るっつー。


でも、発表だから、しっかりやらないと皆に迷惑をかける。自分のパートは真剣に、一番うまく踊れるようがんばる。


飛びシャチっていうハウスの技があるんだけど、それだけのオーディションがあった。オレ、これが苦手の一つだったので、家で自己練結構やってた。逆立ち腕立てとか。その成果が出たのか、これは最後に名前が呼ばれて、初めてオーディションに受かった。簡単な振り付けももらった。わずか3エイトなんだけど、最前列だし結構目立つのでがんばるぞっと。


そんなこんなで1ヶ月がんばってきた。ところが本番のイベントが事情で流れた。いま代わりになるイベントを探してるところ。たぶん来月中旬にやると思う。


この深夜練に参加して一番の成果は、オレにとって謙虚になれる場ってこと。オーディションに落ちまくったので、オレのヘタさがよくわかって、それは素直に受け入れないといけない事実で、オレの努力不足ってこと。だからオレは素直に、ヘタはヘタなりに一番練習しなきゃって思った。

わりと最近、というか、歳とったからか、こういう謙虚な気持ちになる機会が減ってた気がした。時に傲慢だったかもしれない。世の中なんでも知ってるような。ダンスも上手みたいな。でも全然違うんだよな。オレのダンスなんて幼稚園のお遊戯をちょっと複雑な動きにしたくらいのもの。人生だって、全然わかってない。人間としてもできあがってぜんぜんない。まだまだここから新たにスタートするようなもんだ。


そのスタート地点に立っていることを教えてくれた、そんな深夜練。オレにとってはめちゃ高い目標。目標を高く設定するって、その目標を達成することだけに意義があるんじゃなくて、目標を高くすることで自分の無力さを知り、自分を謙虚にさせる。かつ心底、悔しがらせてアドレナリン出させて、いまいちど発憤させる、そんな効果があるのかなって思った。高い目標って逃げがちなんだけど、たまにはこうやって手が届きそうにない、だけど絶対届かせるぞっ!っていう目標を自ら設定するのっていいかもって思った。


こういう機会があったことに感謝して、それを率いる先生に感謝して、オレを誘い込んだ仲間に感謝してる。いまは、素晴らしい仲間にまじ、迷惑かけないよう、自分が楽しめるよう、終わった後悔いが残らないよう、根性と努力と汗と涙で練習して本番に望もうと思ってる。おおげさかもしれないけど、本人ははじめてのことだからやっぱ真剣ですわぁ。
[PR]
by exsaito5 | 2009-08-15 01:44 | Dance