something happened


by exsaito5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

坂東玉三郎の言葉

2009年3月7日、中国の蘇州日報に坂東玉三郎のインタビューが掲載された。
中国の伝統舞踊、昆劇を彼が踊る少し前に、蘇州大学の学生を前にした講演をした時のインタビューである。

以下、蘇州日報より引用

(前略)

「今まで自分は成功したと思ったことがなく、私はとても恥ずかしがり屋です。」

坂東玉三郎は言う。

「自分は成功を獲得するために舞台に上がるのではなく、舞台上の鮮やかな衣裳やイメージが好きなわけでもなく、なぜ舞台に上がるのかと言うと、観客のみなさんの前で演じる時の、自我を忘れる感覚を求めてのことなのです。もし常に自分が出て来るなら駄目です。」



それは、彼のような内向的な性格にとってなお更難しいことだろう。


「実は私はそんなに自分を理解しておらず、一体自分はどんな人間なのであろうといつも思っていて、人からの褒め言葉を耳にしても本当なのかどうかをいつも疑ってしまいます。」


自分をよく理解していないという坂東玉三郎だが、彼は自分に明確な位置づけを与えてはいる。


「一人の俳優であり、何らかの大物でも芸術家でもなく、芸術の完璧さの追求には終りがなく、最大の成功は、公演が終わって大きな幕が降りた瞬間、場内の観客の顔に満足の表情が見える時です。」

(引用終わり)





赤い字にしたところに私は注目した。


「自我を忘れるために舞台に上がっている・・・」



前にフィギュアスケートの安藤美姫の言葉を載せた。

「私には悲しかったり、うれしかったり複雑な感情があって、それが勝手に演技に出てくる・・・・」


凡人の私には難しい境地なのだが、どちらも、自分がどう見えるか、見られるか、かっこよく見せるにはどう動こうか、などの境地を脱している忘我の状態なのだと思う。


この境地に至るにはとんでもない練習、努力、準備があるのだろう。
[PR]
by exsaito5 | 2009-07-22 19:35 | Dance

踊るときどの音を採るか

クラブで自由に踊っているとき、音に反応して踊るわけだが、反応する音が人によってちがう。

ひたすらビートで採る人、メロディで採る人、その他で採る人、いろいろいる。多くはビートで採る人だ。


ハウスでビートで音を採ると、どうしても足を使ったステップ系の踊りになる。オレはこないだの日曜、クラブで踊ってて、ようやっとわかってきたのだが、オレが一番乗って踊れるのって、管楽器系のアドリブ、ジャズ系音楽で使われるようなラッパ系の、どちらかというと予測不可能な音に反応しているときみたい。

ラッパ系アドリブ音が無いときは、その他の音を探して反応してるっぽい。ビートももちろん使うんだけど、跳ねるステップばっかりやってると疲れるからね。体力温存ってことで、メロ系か、その他の音系に反応して、上体と手を使って省エネで踊ってる時間が長かった気がした。

まあ、こういったじじくさい理由もさることながら、オレがなぜラッパ系アドリブが好きかというと、その音を出している本人も気持ちよく自由に演奏してるに違いないってのが想像できるから。自由な気持ちよさの共有ができるから、かもしれない。そんなこと考えながら踊ってるわけじゃないけど。


誰かが言ってたけど、今のビートって人間が太鼓叩いてるわけじゃない。機械が規則正しく音を出している。寸分たがわず出している。当たり前だ。デジタル記号だから入力した時点で音が決まってる。でも人間が太鼓叩いたら微妙にずれる。このズレが生身のダンサーにはやっぱ気持ちいいんじゃないかな。だから、ビートも人間が叩いてる太鼓だったらオレは大好き。毎月行ってる代々木のクラブは、そういう生っぽいレコードをいっぱいかけてくれるから好き。


ただし見せる踊り、ショー的なダンスだと、ビートを使ったおおきなステップは見栄え、という意味で絶対に外せない。だからオレがクラブでシコシコとアドリブの音を採って上体と手中心で踊るのも、一人の世界で誰も見てないような世界で踊るとき。

この夏、横浜で人前で踊るかもしれないので、ちょっとでかくて華麗な(笑い)踊りもしっかり練習しないといけないかもしれない。


こないだショーで見た人なんかは、ビートに対して、ウェーブを小さく、細かくしてアニメーションっぽくした動きをしてる人がいていい意味で気になった。あんなのもありなんだなぁって。でも小さく細かい動きだけだと、見てる人はだんだんともどかしくなってくる。

たまに、大きく跳ねないといけないね。その人もそんな感じで、溜めて溜めて、来るぞ来るぞ、ドンって感じにしてた。ちょっと参考にしたいなあと思った。
[PR]
by exsaito5 | 2009-07-07 15:32 | Dance

フィギュアスケート

フィギュアスケートで安藤美姫という選手がいる。この人はオレなんかよりずーーーーーと若いのだが、やっぱり世界の第一線にいる人だから尊敬してしまう。安藤は感情の起伏が激しいのがすごくわかるので、見ててひやひやしてしまう。が、またそこが魅力でもある。

こないだたしか朝日新聞朝刊で彼女のコメントが出てた。去年の世界選手権で表彰台に上がったものの、反省の弁が書いてあったのがちょっと気になった。


「音楽を身体で表現しただけで終わってしまいました」


むむむ。


どきっとした。


オレは偉そうにこのブログで、オレの理想とするダンスを書いた。DJの流す音にいかに反応して、曲の作り手の思い、そしてDJが今なぜこの曲を選曲したのかの思いを身体で表現できたら最高!って意味のことを書いた。


つまり音楽を上手に身体で表現できるダンサーになりたいと。

ところが、安藤のさっきの言葉。音楽を身体で表現しただけで終わってしまった・・・・・・・・・・・・

しただけって・・・・・。


するだけでも大変なのに・・・・・・。


オレのダンスへの思いのレベルの低さを痛感する。

彼女はいったい何を自分の舞いの中に求めているのだろうか。その答えはその新聞記事には書いてなかった。これすごく重要だと思う。これに気づかない限り、オレみたいな凡人は安藤選手の舞いを理解できない。


自分の感情を、自分を出すことなのだろうか。音楽はこう、だけど、今自分が表現したいことはこう。その自分を出す一つの媒介として音楽が流れている。その音楽の助けを得ながら、自分を出していく、ということなのだろうか。音楽は自分を出すための媒介に過ぎない、ということだろうか。


今シーズンの安藤美姫選手には注目したい。

そして、安藤選手が真に求めている、

「音楽を身体で表現した、その上の境地」

これを感じ取りたい。


2009年7月11日追記
たまたまだと思うけど、なぜか日経新聞の7月8日夕刊スポーツ面にまさに答が出ていた。

「自分の感情が入らないと。私の場合、悲しかったり、うれしかったり、複雑な気持ちがあって、それが勝手に演技に出ている。アスリートとしてはダメだと言われるけど、こうだからこそ人が何かを感じてくれる面もある」

ということでした。


























[PR]
by exsaito5 | 2009-07-07 14:56 | Dance