something happened


by exsaito5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スピーカーセット

b0049638_37747.jpgしばらくラジカセにつないで音を出していたのだが、だんだんと贅沢になってきてそこそこいい音でモニターしたくなってきた。で、スピーカー探しを始めて選んだのがヤマハMSP3という小型のモニタースピーカー。

設置していて気づいたのだが、これきちんとした六面体でなく斜めになっている面がある。音の波がスピーカー内部で干渉しないようになっているらしい。

実際につないでみると、まあこんなものかな、という感じ。激変するわけではなかった。10センチウーファと2.2センチツイータで出力20ワットという構成。低音がいまひとつだけど、低音を出すには全体の音量を上げないとだめみたい。でもマンションの隣室が気になるので音は割りとミニマムに抑えて聴いている。あんまり意味がなかったような気もする。

そこで、すぐにサブウーファを探し始めた。低音を響かせたいなと。やはりヒップホップメインで聴いているのでドラムのキックがそこそこ響いてくれないと困る。相性とかで同じメーカーがいいとも聞いたのでヤマハから選んだ。YST-SW010というボックス型のウッドのもの。こちらはまさに立方体というかスクエアなすっきりした箱になっていて、ちょっとしたインテリア感覚にもなる。スピーカーは床に向けて付いていて下に音を出し、反射させて四方に分散させるようになっている。

ヤマハサブウーファー YST-SW010
b0049638_302259.jpg


サブウーファを一機が追加となったわけだが、さて、どうやって接続するかをちょっと悩んだ。オレのオーディオインターフェイスの外部出力の穴はモニタースピーカー2機で使ってしまっているし、そもそもこちらは左右分けたステレオ出力だ。ウーファは左右関係ない。そこで、ヘッドフォン端子を使うことにした。ヘッドフォン端子はもちろん穴一個だ。サブウーファに添付されていたコードの端子はRCA端子と言ってこれは最も一般的な、たとえばテレビとビデオをつなぐ時に使うのと同じ端子になっていた。しかしヘッドフォン端子はフォノ端子と言って太いジャックをドスンと挿す用の穴になっている。このままでは挿せない。

ネットで検索したところフォノ端子とRCA端子を変換するプラグが100円ほどで売っていたので通販で手に入れた。まったくネットは便利なものだ。これを間にかませて晴れてオレのオーディオインターフェイスUA-25に3つのスピーカーが無事接続となった。その代わりヘッドフォンを使えなくなったが、ほとんどDJミキサーにつなぎっぱなしなのでこちらはがまん。

で、結果はかなり良好。ミニマムな音量でもしっかり低音が響く。不思議なことにこれまで低音をほとんど出してれなかったモニタースピーカーから低音が聴こえるようになった。オレの耳の錯覚かとおもうけど、耳をモニタースピーカーの近くにもっていって聴いてもそこから低音が出ているように感じる。なんだろうか。低音はもともと指向性がないのだがウーファーから出た低音の音波がモニタースピーカーのウーファーとうまい具合に干渉してそこから出るように聴こえるのだろうか。

これが8000円程度で手に入るのだからヒップホップなどのビートの利いたダンス系の音楽を聴いているけど、あまり音量を上げられない環境の人にはサブウーファはほんとお勧めです!



[PR]
by exsaito5 | 2006-03-23 02:46 | DJ

で遊んでみる

ネタ元のKeep On のサンプリング部分に続けてChoo Choo Train(インストゥルメンタル版)のイントロをぶっこみでつなげてみたところ、ばっちしだった。Keep On はBPMが117、Choo Choo Trainは115なのでちょっとだけピッチコントールをいじるだけでビートがばっちしあったので、途中からKeep On の音も復活させて(横フェーダーを真ん中にして)3分くらいロングミックスしてみた。こうすることでインストゥルメンタルのChoo Choo Trainに、Keep On のボーカルが乗ってまったく新たな曲が生まれる。今度ダンスの友達がやめてしまうのだが、送別会でプレゼントする予定のミックスCDに入れてみよう。


Keep On 収録のLP The Very Best Of D-Train (1985)
b0049638_85168.jpg
[PR]
by exsaito5 | 2006-03-20 09:37 | DJ

なぜツカイと聞こえる?

Choo Choo TrainのイントロがSky's the limitと言っているのだとわかったけど、なぜにSky's をチャイルズと聞き間違えていたのだろうか。俺だけじゃなく、普通の日本人が聴いたら99%チャで始まると答えるだろう。で、もう一度ネタ元のD-Trainの「Keep On」をよーーーく聴いてみた。

スカイのところをチャイじゃなくてツカイと言っている。ツとカの間が詰まっているのでつながってチャイに聴こえてしまったわけだ。
一方、Notorious BIGの「Sky's the limit」の方はちゃんと日本語風にスカイと言っている。なぜか。Theがあるかないかの違いだろう。

D-Trainのは、the sky →ザスカイ → ツカイって感じだろう。で、これをサンプリングしたEXILEのチューチュートレインもツカイとか、さらに短くなってチャイとか聞こえるんだろう。 



b0049638_8162375.jpg


2009年1月19日 当記事はブログ管理人が修正追記しました。
[PR]
by EXSAITO5 | 2006-03-19 03:16 | DJ
1年半くらい前にChoo Choo Train のダンスを練習していて、何度も何度も聴いていたからだいたいの歌詞は自然と覚えてしまうのだが、イントロの部分の英語だけがなんと言っているのかわからなかった。

なんとなく気になってモヤモヤしていたのでいろいろと手を尽くしたのだがネットでは見つからなかった。検索のしかたが悪かったのかもしれないけど「choo choo train、 イントロ、歌詞」では見つからない。しかし、D-Train というファンクの黒人歌手の「Keep On」という歌のサビをサンプリングしたのだということまではわかった。

そこでさっそくこのレコードを買うことにした。去年の夏ごろのことだ。85年に発売のレコードなので入手困難だったのだが、イギリスのレコード屋が中古で売りにだしていたので買ってみた。こういうときに使うサイトはこちらだ。世界の3500店のレコード屋が登録している。レア物のレコードもここで見つかることが多い。各ショップの評価、信用力を注意する必要があるが。


http://www.musicstack.com/

タイトルやアーチストなどを検索窓に打ち込んで、世界中のレコ屋の在庫にアクセスできる。レコ屋の楽天みたいなもんだろうか。日本のレコ屋もJET SETという店が出店している。1週間くらで届いた。ジャケットは痛みきっていたのだがレコードは綺麗で音もしっかりと鳴った。海外のレコードはCDもそうだが歌詞カードなどというものはついていない。そこでサンプリングされている部分を集中して聴いてみたのだが結局はっきりとした単語は分からず仕舞いだった。

空耳だと

「チャイルズ リビン ザッチュー ノウ ザッチュー キープオン ジャス キープオン パッシングオン」に聴こえる。無理やり英語にすると

Child's living that you know that you keep on, just keep on, passing on.

多少英語ぽいが残念ながら意味不明でこうじゃないだろう。ちょっとあきらめてそのうち外人さんに聞こうかななどと思いながらずっとほったらかしてた。ところが昨日電車の中でシャッフルでiPodを聴いているとこの聴きなれたサンプリング部分がゆったりとしたスピードで流れてきた。

Notorioius BIGの曲だ。最近ネットでダウンロード購入したのだが購入したのも忘れてた曲だった。急いで曲名を確認した。Sky's The Limitと表示されている。スカイズ ザ リミットか。繰り返し聴くと何度もChoo Choo Trainのイントロのサンプル部分を繰り返している。うひゃ。ついに解明できるぞ。チャイルズ リビンじゃなくてスカイズ ザ リミットだな!
家に帰ってネットで歌詞を確かめるために検索する。最近のたいていの洋楽は歌詞がネット上にある。検索窓に「タイトル名、lyric」と入れて検索すれば英語のサイトだけど歌詞がわかる。で、解明できた。上が本物、下がオレの空耳。

本物
The sky's the limit and you know that you keep on, just keep on,
pressing on.
空耳
Child's  living that you know that you keep on, just keep on, passing
on.
b0049638_8105927.jpg

The sky's the limitの意味はこれは英語の慣用表現のようだが、「限界はないんだぜ」、ということのようだ。直訳すると「空が限界」。

文章の意味としては、「限界なんてないんだぜ、続けよう、前に進み続けよう」って感じですね。なにかに挑戦している人にとっては実にすばらしいイントロだったのね、Choo Choo Trainって。

それにしてもザ スカイズ というところが ずっとチャイルズに聴こえていた。ここは今だに何度聴いてもスカイという部分がチャイに聴こえてしまう。なので、もう一度D-TRAINのKEEP ONを集中して聞いた。すると、THE SKYを「ツカイ」とか「ツハイ」と発音してる。この「ツハイ」ってのがイコライザーとかをいじって編集された結果「チャイ」に聞こえるようになったのだろう。最初はNotorious BIGのタイトルのごとく、THEがなくていきなりSKYから始まるかとおもってたけど、THEが入ってます。
[PR]
by exsaito5 | 2006-03-13 18:36 | DJ