something happened


by exsaito5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

腸腰筋が逝っちまった

早い話、ぎっくり腰。参ったね、これは。生まれて初めて。もうトシかな。


5年くらい前になるんだけど、インラインスケートのスラロームやってるころ、かなり無理して、特訓してたことがあって、脚の付け根の内転筋をちょっと痛めた。(と、思ってた)。


で、その後スケートやめて、ジムに行き始めてダンスメインになったんだけど、この左脚の付け根、股関節の痛みが全然取れなかった。オレは完璧に素人の勘違いで、へんてこりんなストレッチで股関節を伸ばそうと努力してた。床にお尻を付け両足をできる限り開き前屈するやつ、あの姿勢を取って左に上体を傾けて、左股関節を伸ばす、そんなことばっかりやってた。

そして5年経ったとき、オレの腰が悲鳴をあげた。いつもより入念な「ストレッチ」をやった翌日のことだ。原因不明だった。昼、仕事中にジワジワ痛くなった。ついに痛くてクルマから降りれなくなった。




オレは実は、インラインスケートで股関節の筋を痛めたんじゃなかった。ももの裏のハムストリングスって筋肉と、腸腰筋って言って大腿骨の付け根と骨盤の上端、および脊椎を結ぶ筋肉を痛めてたみたい。筋肉、正確には骨格筋、って必ず、A地点とB地点があって、つまり、端っこと端っこがどこかで骨とつながってる。で、意外にも筋肉のど真ん中が痛むんじゃなくて、骨と付着してる部分が剥がれようとして痛むこともあるみたい。すると、オレみたいな素人はそこが固くなってるのかと勘違いして、付着部分を一生懸命ストレッチしたり、もんでマッサージしたりする。でも、そんなの関係なくて、全然効いてなくて、筋肉は収縮したまんま。


で、オレのハムストリングスと腸腰筋は、この5年間で、逆にどんどん堅く収縮してたみたい。両方ともその一端が股関節にくっついてるんで、そこが痛んでいたんだ。


で、今回猛烈に痛んだのは、ハムストリングスじゃなくて、お尻の上部というか、腰と背中の境目みたいなところ。お尻の後ろ側には誰でもわかる臀筋がある。では、お尻の前側は?

そう、お尻の前側には、腸腰筋というのがあるのだ!正確には骨盤の内側上部と大腿骨上部を結んでいる「腸骨筋」があり、もうひとつ、背骨の下部と大腿骨上部を結ぶ「大腰筋」ってのがあり、この二つを総称して「腸腰筋」というようだ。


この聞いたことも見たこともない腸腰筋を、なぜ知ったか・・・・。

たまたま、オリンピックの100メートル走金メダル候補の、速さの秘密みたいな番組をテレビでやってた。普段だったら聞き流すと思う。でもそれ見てて、オレははたとひらめいた。オレのこの腰の痛みは、実は腸腰筋じゃなかろうかと!下の絵で腸腰筋の位置がわかる。「腸骨筋」と「大腰筋」が見えるけど、その二つで腸腰筋。



b0049638_17505487.jpg


腸腰筋ってすごく無名の筋肉だ。牛肉だと、ヒレ肉のところらしい。赤身の、いかにも筋肉!っていう肉だ。イントラさんなんかはコアマッスルとか、インナーマッスルとも言って、すごく重要視してる。実は、100メートル走金メダルとか取る人はこの腸腰筋が発達してる。脚をすばやく引上げるとか、腰を動かす筋肉だ。つか、どんなスポーツでもめちゃくちゃ重要そうな筋肉だ。

さっき書いたように筋肉は骨に必ず端っこが付着してる。腸腰筋の中でも腸骨筋のA地点は大腿骨の付け根内側。B地点は骨盤の上端、横にでっぱったところの内側。もうひとつ、大腰筋と呼ばれる方は、さらに上の脊椎にも付着している。収縮すると脚が引上げられる。逆に言うと、上体を脚に近づけられる。


馬鹿なオレは、ストレッチで股関節痛が治るはず、と、一生懸命に前屈股割りをやってた。よく女性なんかはお尻をぺたっと床につけて前に身体を折って胸まで付ける人もいるけど、オレも堅い身体にむち打って、少しでも前に曲がるように力入れて前屈させてた。それで股関節が伸びて柔らかくなるもんだと思ってた。


これが最悪だった。堅い腰を曲げて無理矢理に上体を前屈させるには、腸腰筋に力を入れて前屈せざるを得ない。つまり、腸腰筋をストレッチすべきときに、腸腰筋にめちゃ力入れて収縮させていたのだ。



本当に、素人って怖いって思った。




ネットを調べまくったら、いろいろと腸腰筋のストレッチ方法が書いてあった。やってみた。例えば左腸腰筋を伸ばすには、

1.右脚をぐいと前に出し膝を曲げる。左足は逆に後ろにぐいと引いて膝をできるだけ伸ばす。
2.左かかとはなるべく床に近づける。
3.さらに重心を下げ腰はぐいと前に出す。

すると左腸腰筋が痛キモになって伸びる伸びる。

2番目の方法。

1.ふとんなどに腹ばいになる。
2.脚はちょっとがに股にする。膝を外に向ける感じ。膝は曲がっていてよい。
3.そして腕で上体を上げて後ろにそらす。エビぞりみたいな。

すると両方の腸腰筋が伸びる伸びる。
脚の付け根、股関節のあたりから腰の前あたりが痛キモになるはず。


これでいきなり楽になった。ほんと、一発である。ぎっくり腰で急性で痛かった部分は上に書いたように、腰と背中の境目付近。腸腰筋のうち腸骨筋の骨盤に付着してるあたりだった。

これでほぼ治った。ちょっと不思議ですらある。結構重症だったので、まだ完治とはいかないけど、効果が目に見える。これはいい。なんとか、5年間つらい目にあわせた、オレの左腸腰筋、早く楽にしてやらないと!

※平成24年5月1日追記
腸腰筋ストレッチをしたら、その拮抗筋である臀筋群もストレッチすると前後バランスが取れます。臀筋群のストレッチは、

1.仰向けに寝る
2.空中で脚を組む
3.かけた脚の逆の膝に両手をかけて、ぐいと胸の方に引く

これで、脚を組んだ方のお尻の筋肉が伸びます。
[PR]
by exsaito5 | 2008-08-22 20:32 | Dance