something happened


by exsaito5
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

李香蘭

上海に行ってからというもの、上海づいてしまっていて、上海関連本を7冊も買ってしまった。そんなタイミングでテレビ東京で「李香蘭」(満州編と上海編、2夜連続)というドラマが放映された。あまり期待せずに見始めたのだが、今度はこれにはまってしまった。李香蘭(リコウラン)とは山口淑子(やまぐちよしこ)さんという実在の戦前の中国生まれの日本人女性歌手のこと。ドラマでは、生まれ育った国、中国と祖国日本との間で揺れ動く心情が、戦争という世情とからみながら描かれていた。


アイドル歌手?の上戸彩がアクトレスとなって演じていたのだが、彼女の歌がかなりはまっていて、オレのつぼにもはまってしまった。とても透明感のある声質を持った人だった。中国語を交えた演技のほうもいっぱいいっぱいに努力したあとがうかがえて好感が持てた。ほんとは上戸彩の音源がほしいなと思ったのだが、販売はされていないので、遊びでほんものの李香蘭のレコードを買ってみた。

昭和15年10月、コロンビアから発売されたSPレコードで、中古で札幌のレコ屋が1000円で売っていた。ジャケットは失われていたが、盤面のキズも致命的ものはなく状態は良好だった。はじめてSP版なるレコードを手にしたのだが、ぶ、分厚い!ガッチリしている。なんか、板って感じ。最初レーベルの文字が意味不明だったのだが、当時の日本語は右から読むんだな。左の写真がゲットしたレコードで、李香蘭の出演した満州映画「熱砂の誓ひ」のサントラで「紅い睡蓮」というレコード。

b0049638_8434316.jpgSPレコードは78回転なのだが、オレのテクニクスのタンテは33と45回転しかない。で、手でレコードのレーベル付近を押して78回転くらいになるようにグルグルまわしてみたのだが、回転速度が安定せず聴きづらい音になってしまった。でも、ちゃんと楽器の音と李香蘭のほんものの声が聴こえた。彼女の歌は発声と同時にビブラートさせる、結構優等生的な歌い方をする人だった。

なんか蓄音機を買いそうなオレがいて、まいった。
[PR]
by exsaito5 | 2007-02-20 03:32 | 雑記