something happened


by exsaito5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お祓いの成果

ここにも書いたけど、昨年は泥棒にあったり、ものを無くしたり、ついてないことが続いた年だった。で、12月に生まれて初めてお祓(はらい)いというものをした。関東に住んでいるので、西新井大師である。3000円でお札みたいのを頂き、20人くらいで一緒になってお祓いを受ける。なかなか出来ない体験なので、非日常を味わうにはいいかもしれない。



で、その効果やいかに。


今年を総括すると、ギリギリセーフの多い年だった。




オレは自分では慎重な性格、と思っているのだが、おっちょこちょいのところもある。スポーツジムで財布を入れたロッカーのとびらをしめずに、あけっぴろげで、しかも財布が見えている状態で放置して、スタジオでレッスンを受けていたこともあった。また、とびらを閉めたはいいが、鍵が刺さったままの状態でレッスンを受けていたこともあった。いずれも大丈夫だった。


数ヶ月前の夜、ある国道をクルマで左折して電気店の駐車場に入ろうとした。左側の歩道に歩行者、自転車がいないことを確認し、徐行で左折した。と、左から歩道を原付バイクがかっ飛んで来た。あとで聞いたら免許不携帯で制限速度10キロオーバーでバイク運転してた。うわ!ぶつかる!と急ブレーキを踏んでタイヤがギュっと鳴った。3センチくらいの差でぶつからなかった。

もしぶつかっていたらバイクはボンネット上を通過して、20メートルくらいは飛ぶだろう。その先には店の看板のぶっとい鉄柱があった。たぶんその鉄柱に頭をぶつけて死んでいたかもしれない。歩道と思っていた部分は、実は車道だったのだ。ガードレールの向こう側は普通歩道のはずだ。それが、ここは特殊で、国道と市道が並んでいて、その境目にガードレールがあるのだ。100メートルも先に行くと、その市道はポールが立っていてクルマは行き止まりになり、いきなり歩道に様変わりする。オレはこの国道は日常的に走っているが、まさかこんな部分が隠されていたとは知らなかった。夜、初めての人には絶対にわからない。構造上の欠陥だろう。まったく。


でも、とにかくぶつからなくてよかった。


そんなこんなで、致命的な悪いことは起こらず、この一年、なんとか普通の生活を送れている。普通でいい。健康に生活できれば。欲を言えば、少しでも楽しく。望みもかなってほしいけど、そこまでは神様に要求しない。自分で切り開くしかない。とにかく悪霊に取り付かれなかったことだけでも感謝しなきゃ。

つか、まだ総括するにはちょっと早いか。
[PR]
by exsaito5 | 2008-12-21 18:48 | 雑記